ご予約はこちら
ご予約はこちら
  • 諧暢楼の歴史
  • ウェルカムシャンパン
  • アメニティ
  • サービス
400年の軌跡、明日へと。 「諧暢楼」のルーツは約400年前。武田信玄に仕えた小笠原若狭守の家臣福田家が伊香保に入植したことから始まります。時は流れ、明治の初頭。新しいおもてなしを求め14代目当主・福田興重がこれまでとは趣異なる宿「諧暢楼」を開きました。諧は安らぎを意味し、暢はゆったりとお過ごしいただきたい、その思いを込めて名づけられました。平成に入り、14代の想いを継承すべく17代目朋英がこれまで以上のおもてなしを追求。すべてにおいて贅沢・ハイレベルのサービスを掲げかつてない「旅邸 諧暢楼」を開業しました。新しい宿泊、お食事をご堪能ください。